Films I adore

poster2

”さよなら、人類”

ずっと観たかったスウェーデン映画で、ようやく最寄りの映画館でも観る事ができました。

この邦題の秀逸さたるや。悲しくって可笑しくて、惚けてしまいます。

 

 

unnamed-83

 

 

”人生スイッチ”

かつてこんなにシニカルな笑いがあったか?

映画フリーク以外を魅了する事、間違いない。

こんな完成度はやっぱり反則ですよ。

1571

”百円の恋”

最近の邦画ではいちばんかもしれない。

日本映画特有の、湿度を纏う生活感や陰湿さや、生々しさ、以前は苦手でした。

ここにきてそれを覆した作品でした。

「一生懸命なのがいちばん素敵で、笑えるの」

M

Leave a Reply